自動倉庫による自動化・省人化

APT①「AGV・ロボット導入支援」
APT①「AGV・ロボット導入支援」
APT①「AGV・ロボット導入支援」
APT①「AGV・ロボット導入支援」
APT①「AGV・ロボット導入支援」
APT①「AGV・ロボット導入支援」
株式会社APT

AGV・ロボット導入支援

長らく既存の物流設備の修繕やリニューアルを手掛けてきた株式会社APTが、物流センターの新設ビジネスに参入

物流の現場に起きている深刻な人手不足に対応するために自動化・省人化設備の導入が急がれています。APTは、発展著しい中国製マテハンを日本向けに最適化した自動設備を提案するなど、ベンチャー企業だからこその強みを活かしたマテハン改革をご提案します。ぜひご相談ください。

解決できる課題

  1. 「将来コストを見据える」自動倉庫を

    自動倉庫は長期に渡ってお付き合い頂く設備です。維持費用を抑えるのはもちろんのこと、どの時期にどのような修繕が必要なのか、費用と計画性の見通しを立てて頂けるようサポートします。

  2. 庫内の作業効率・保管効率向上を

    APTが提供する倉庫内ロボットストレージシステムでは、倉庫上部の空間活用や通路スペースを削減し、高密度な収納を実現。
    一般的な平置き倉庫と比較して約2倍に収納効率を向上させます。

  3. コストを抑えたマテハン導入を

    日本製品にはない大胆な発想を武器に中国製マテハンの参入が相次いでいます。APTでは競争力のある海外製品を積極的に扱い、お客様の要望にマッチしたマテハンを選定、コスト面にも貢献します。

ページの
先頭へ