再生可能エネルギー

太陽光発電システムの導入・活用

CO2排出実質ゼロを目指す事業所への再生可能エネルギーの供給

CREが開発する物流施設「LogiSquare(ロジスクエア)」の使用電力を100%再生可能エネルギーへ転換するため、「ロジスクエア」の屋根を活用したグリーン電力供給を行ってまいります。
ロジスクエアの屋根に太陽光発電システムを設置し、そこで発電した電力を供給することで、施設側は地産地消の送電ロスの無い電力を使用することが可能です。時間帯や季節により太陽光発電では足りない分は、エンバイオC・エナジーが再生可能エネルギー(実質再生可能エネルギー)電力を調達し供給することで、使用する電力すべての脱炭素化を目指します。なお建物や敷地の関係上、太陽光発電システムを設置できない場合でも再生可能エネルギー(実質再生可能エネルギー)電力の供給は可能です。

解決できる課題

  1. 再生可能エネルギーの供給で、脱炭素社会の実現に貢献

    今や社会的責任の一つとなったCO2削減および脱炭素化を「ロジスクエア」シリーズを通じて実現してまいります。
    太陽光発電の地産地消モデルにより送電による電力ロスを減らし、環境対策への取り組みとしての評価につながります。

  2. 蓄電池を併用することで、災害時のBCP対策にも効果を

    陽光発電システムに蓄電池を組み合わせて長時間の停電に耐えうる設計も可能です。

  3. 企業様が抱えるESG課題の解決に間接的に貢献

    エンバイオC・エナジーが供給する再生可能エネルギー電力は「ロジスクエア」シリーズ以外の他の企業様施設への提供も可能です。

ページの
先頭へ