コラム

お役立ち情報

物流ソリューションのメリットや解決できる課題などを徹底解説

近年、物流業界は人手不足や労働環境の悪化などから、変革が求められています。そこで期待されているのが物流ソリューションです。現場の情報をつなぐシステムや物流ロボットなどを配置することで、物流全体の人手不足解消や労働環境の改善が期待できるとされています。

本記事では、物流ソリューションの概要やメリット、解決できる課題などについて解説します。

1. 物流ソリューションとは

近年では、日々増加する物流量やユーザーのニーズに合わせるべく、物流現場に求められるレベルが高くなっています。しかし、労働人口が減少し、物流コストの削減が求められるなか、期待されている要求に応えるのは簡単なことではありません。そのため、各企業から様々な物流ソリューションが提供されています。

本記事では、倉庫内やトラックドライバーの「人手不足」にフォーカスした物流ソリューションについてご紹介いたします。

1.1 倉庫の自動化・省人化

自動倉庫や倉庫内ロボットによって倉庫内作業を自動化・省人化することで、人手不足解消が期待できます。

少子高齢化などによって全産業で働き手が不足するなか、物流の現場でも人手不足が深刻化しつつあります。自動化・省人化設備は、そうした人手不足対応のために欠かせないシステムとされています。

倉庫内をロボットで制御するストレージシステムを導入すれば、人が通るための通路が不要です。通路スペースを削減し、人が届かない高さにまで収納スペースを拡張することで高密度な収納を実現できるでしょう。レイアウト次第では、一般的な平置き倉庫と比べて約2倍の収納効率が期待できます。

1.2 配車の効率化

倉庫内作業だけなく配車作業の効率化も注目されています。

例えば、配送マッチングサービスなどでは、配送手段がない荷主とドライバーを直接つなぐことが可能です。運送会社による多重請負構造を解消することで、ドライバーに新しい働き方を提供します。
また荷主にとっても、必要なタイミングでドライバーがすぐに見つかるなどのメリットがあります。

2. 物流ソリューションを利用するメリット

物流ソリューションを利用することで物流業務の効率化・生産性向上が期待できます。

物流施設では、在庫管理だけでなく品質チェックや加工、修理などを担うことも増えてきました。物流ソリューションを積極的に取り入れれば、そうした作業を効率的に行えるようになるでしょう。

例えば、インターネット接続されたターミナルやクラウド在庫管理システムを導入することで、リアルタイムで在庫状況の確認が可能です。さらに人と同じ空間で作業をする協働ロボットを導入し手助けをしてもらうことで、作業の迅速化も期待できるでしょう。
倉庫内での検品や出荷システムの導入、物量に合わせて最適なスペースを確保することで生産性の向上につながります。

また、物流サービス自体の品質向上も期待でき、単純な作業はロボットに任せることで、人間のミスを無くすことにも繋がります。

貨物車の積載情報や空車情報などのデータを収集し共有することで、配送作業の効率化が可能になります。

例えば、空いているドライバーが荷物を運べたり、同じ方向の荷物が少ない貨物車の荷物をまとめて配送でき、空いた貨物車は、商品の輸送を行いたい企業間で融通することも可能です。

さらに、業務コストの削減も期待できます。
輸送費や人件費などの物流コストをグラフや数値などで可視化できるようになり、削減要素を精査することも可能です。
配車システムを活用し、貨物車1台あたりの積載率が改善され、配送に関わる人件費やガソリン代などの輸送コストを削減できます。

3. 物流ソリューションが解決できる課題

物流ソリューションはさまざまな課題を解決できるであろうと期待されています。

3.1 倉庫や施設内の人手不足

物流業界では人手不足が深刻な問題です。

ECの需要増加により、運ばなくてはいけない荷物の数が増えている一方、働き手は不足しているのが現状です。また近年は、深夜労働や長時間労働も問題となっています。企業は激しい競争を勝ち抜くために、ユーザーのニーズに応えようとするなかで、深夜や休日も作業することが求められているのです。

このような事態を解決するためには、倉庫の自動化など、物流ソリューションの導入が必要とされています。

3.2 負荷がかかる配送業務

配送業務においても人手不足や長時間労働といった労働環境の悪化が問題視されています。こうした配送業務の負担を減らすためにも、物流ソリューションは効果的とされています。

例えば、配車システムや配送マッチングプラットフォームを利用することで、配送効率の向上や今すぐ届けたい荷主とドライバーを効果的にマッチングすることが可能になるでしょう。

今後、配送部分ではドローンや自動運転車を利用することも検討されています。

輸配送業務を自動化することで、配送業務にかかる負担を軽減させ、ドライバー不足を解消しようという試みです。現在の技術では機械にすべて任せるのは難しいとされていますが、年々できることが増えているといわれています。輸配送の自動化によって、さらなる配送業務負担削減も期待できるでしょう。

3.3 保管スペース不足

EC需要の増加から荷物が増えたことで保管スペース不足に陥る企業も少なくありません。こうしたスペース不足の悩みにも、物流ソリューションは効果的とされています。

例えば、自動倉庫を導入することで、人が通るためのスペースが不要になります。通路や倉庫上部の空間を有効に活用することで、高密度な収納が可能になるでしょう。スペースをより有効に使えるようになるため、倉庫不足解消が期待できます。

4. ユアロジの物流ソリューションで解決!

ユアロジでは、物流に関するさまざまな課題を解決するための物流ソリューションを紹介しています。ここでは具体的な事例を挙げながらご紹介します。

4.1 倉庫内オペレーションを改善

人手不足解消・採用媒体最適化

人手不足を解消するための人材派遣サポートをご紹介しています。倉庫・物流業界の人材分野に関する課題を、さまざまなサービスを駆使して解決できます。

たとえば、一度で複数の派遣会社に依頼を開示できるため、人手を集めやすくなっています。さらに「スポット的に派遣をお願いしたい」という要望に応えるため、シフト単位での依頼も可能です。
「直接雇用によってコストを抑えたい」という場合には、グループ会社による直接雇用サポートサービスの提供も可能です。

倉庫の自動化・省人化による業務効率化

ユアロジでは、AGV・ロボット導入支援のご紹介も行っています。深刻な人手不足に対応するためには、ロボットなどによる自動化・省人化が必要とされています。近年発展している中国製マテハンを日本向けに最適化して提案出来ることが特徴です。

中国製マテハンは日本にはない大胆な発想が特徴で、コスト面でも優れているとされます。競争力に優れた海外製品を積極的に取り扱うことで、要望にマッチしたマテハンを選定できます。

自動倉庫は長期に亘って利用することを前提としている設備です。そのため、導入費用だけでなくランニングコストや修理費用など、コストと計画性の見通しが立てやすいようにサポートします。

自動倉庫のリニューアルや保守メンテナンス

自動倉庫の運用改善や維持費用削減をお手伝いします。マテハンの相談だけでなく、マテハンのセカンドオピニオンを提供することで、コストダウンを提案しています。
自動倉庫の点検や保全工事では、部品交換や駆動系部品、センサー、モーターなど企業の要望に合わせた提案を行います。

4.2 配送管理を効率化

配送管理の課題を解決するため「配送効率向上」や「物流トラックのレンタル・リースサービス」などのサービスをご紹介しています。

配送の利便性向上

法人向け配送マッチングサービスは、今すぐ届けたいけれど配送手段がない荷主とドライバーを直接つなぐことにより、荷主企業の利便性を高め、ドライバーに新しい働き方を提案します。また、全国の荷主とドライバーを直接つなぐことで、物流業界の抱える課題である多重請負構造解消が期待できます。

配送効率向上

運送会社向け業務支援システムは、日々の運行業務を可視化することが可能です。従来の紙ベースでの情報管理ではなく、ペーパーレスで行うため業務効率の向上や情報共有のしやすさが特長です。

ドライバーへの指示や運行状況の把握など、運行に必要な情報をすべてパソコンやスマホ上で完結できるため、属人的な業務の是正や労働環境の改善が期待できるでしょう。

トラックのレンタル・リースサービス

物流に不可欠なトラックのレンタルを専門にしたサービスもご紹介しています。通常のレンタカーだけでなく、営業ナンバーレンタルも行っており、事業用ナンバーに切り替えることが可能です。
冷蔵車・冷凍車やアルミウイングなどの物流に欠かすことの出来ないトラックも取り扱っており、繁忙期だけトラックをレンタルしたり、事故や故障時の代車を手配したりなどさまざまなシーンで利用されています。

また、短期~長期のトラックリースサービスも取り扱っています。一般的な自動車リースは5年以上のものが多いですが「マッチングリース」は半年~2年間契約の短期リースも可能です。

物量に合わせてトラック台数をリースすることで、固定費の削減が期待できます。また在庫が豊富なため即リースが可能で、すぐに仕事を始めることも可能です。

4.3 物流不動産事業

物流不動産の開発からマスターリース、プロパティマネジメント、アセットマネジメントまで、物流不動産に関わるサービスをご紹介しています。

幅広いネットワークと長年の実績を活かし、物件の開発と建設、賃貸借から物件管理までさまざまな事業を行っています。
首都圏・関西エリアを中心に、物流施設・倉庫を探したり、貸し倉庫情報サイト「CRE倉庫検索」から検索していただくことも可能です。希望の賃貸倉庫が見つからない場合は、BTS型開発の提案も行っています。

「CRE倉庫検索」はこちら

5. まとめ

人手不足解消や労働環境改善のためには、今後物流ソリューションの導入が欠かせないとされています。物流ソリューションの導入によって、物流業務の生産性向上や物流サービス品質の向上、業務コストの削減などが期待できます。

ユアロジでは、倉庫オペレーションの改善や配送管理の効率化、物流不動産のマネジメントなど、さまざまな物流ソリューションを取り扱っています。物流業務でお悩みを持っている企業様はぜひ一度、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

ページの
先頭へ